ホーム   »  香りを楽しむ
Category | 香りを楽しむ

練香 印香

たまにはこんな香りも~

茶道や華道ほどポピュラーではないですが香道の世界では香りを嗅ぐのではなく、香りを聞くといいます。
匂いに問いかけをして、その答えを聞くという心なのだそうです。

練香は奈良時代より伝統的な形状のお香とされています。
香そのものに火をつけるお香と違い、間接熱で、煙を出さずに香り成分だけを立ち昇らせて
良い香りだけを楽しむことができるので、スティックタイプのお香やお線香のような煙の出る香は
あまり好きでない方でも練香でしたら楽しめるのではないかと思います。
018_convert_20110614230811.jpg

蓋を開けると中はこんな感じで、正露丸のような丸い形をしており、少し湿り気があります。
香木の粉末と蜂蜜、木炭を練り固めたものです。
005_convert_20110614230837.jpg

みやこ灰です。ライターなどで火をつけます。
006_convert_20110614230909.jpg

火が付いているのを確認します。
007_convert_20110614230955.jpg

ピンセットなどで先ほどの梅が香をそっと乗せ、2~3個に増やすと、部屋中に香りが漂っていい感じに
なるかもしれません。
奥ゆかしい香りでリラックスしたいとき、イライラや不安の解消にも効果があるのだそうです。
008_convert_20110614231112.jpg

これは印香といって型押しされた香です。色鮮やかで形もいろいろあり、香りがとても素晴らしいです。
経験豊かな調合師の手作業による、いわば職人さんの技の香りと言うべきでしょうか。
009_convert_20110614231045.jpg
014_convert_20110614231237.jpg

その他の楽しみ方としては専用の電気香炉もありますが、とても高価なので、アロマポットの上部に
水をヒタヒタに入れ、練香を2~3粒投入したあと、加熱。
湯気と共に香気が漂うという、なんか気軽に楽しめそうです。


スポンサーサイト

薔薇も香りも好き

001_convert_20110520092814.jpg

近くの公園でバラ園を開催しているのですが、都合で行くことができませんでした。
バラが好きなのに残念です。

ときどき使用している資生堂のフレグランスです。
すごく良い香りがします。
毎日、頻繁に付けていると鼻が慣れてしまうので、ときどき付けるようにしています。
「ホワイトローズナチュラル」という商品名でブルガリアンローズのエッセンスを凝縮した天然のバラの香水です。
一瓶でどのくらいのブルガリアンローズが必要なのかは、資生堂では公開していないそうです。

これを付けたときは、公園など散歩をしても蚊に刺されたことがないのです
バラの持つシトロネロールという主要成分が蚊(アカイエカ)を寄せ付けないようです。
ただし、香りが放っているときだけで、香りが無くなると刺される可能性はあると思いますが、香水の場合は濃度が高いので香りが無くなるまで、かなり時間が掛かると思います。

黒色に白色のシマ模様をもつヤブ蚊(チカイエカ)には効果はありません。
シトロネールが主要成分の植物は他にも数種類あります。

ちなみに、フランスのアロマテラピーでは、ローズといえばローズ・オットーを指していてエッセンシャルオイルの中でも香りのよさと、効能、効果の魅力は高く評価されているようです。
ローズ・オットーの精油1滴作るのに、バラの花が30個必要らしいです。

効能、効果としては
情緒など精神面、緩和作用が効果を発揮し、抑うつ、悲嘆、心の重い感情をほぐす役割を果たしてくれます。
緊張を和らげたり、しずめたり、胃のバランスをコントロールをして消化力を強化し、吐き気や嘔吐、便秘などをやわらげます。













プロフィール

あめしすと      

Author:あめしすと      
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
Brussels Griffon
プロフィール
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
♀マリコ 12才 
♂ネッド・ケリー 13才
出生地 オーストラリア 
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

わんこ村ランキング
おきてがみ
いつもありがとうございます
カテゴリ
最新記事
カレンダー
月別アーカイブ
ほのぼのリンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
kaunta